admin admin List
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

興味がないと言えば嘘になるが、
俺が持っていても特に使い道もないので、当然買ってもいないし、買う気もない。

画像やBDの凄さをオヅラが力説していましたけども、
前者は綺麗だからって面白いゲームとは全く限らないし、
後者は最近になってようやくDVDで香港映画のリマスター版が
発売されてきたほどですから、こちらもまだまだ不要でしょう。

大体6万あれば、もう少し足せばC2D搭載のPC買えてしまうし、
それならどう考えてもPC買った方が得だからね。
ゲームに関しては、俺にとってはArcadeVGA搭載のPC1台あれば十分だ。
スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記


ちょっと前のANNで、岡村さんがCXの某女子アナと会話していた時に、
「B型らしくないですね」と言われて、
「血液型なんて信じているのは日本人だけですよ!」と反論した、
と言うトークをしていましたけども、
本当、はっきり言って血液型性格判断などを未だに信じている人は
馬鹿としか言いようがありませんよ。

本当に血液型が関連しているのであれば、
この世の中には4種類の人間しか存在しなくなってしまう、
どう考えてもそんな馬鹿なことある訳ないでしょう。

テーマ:ナインティナイン - ジャンル:お笑い


昨年の橋本の告別式の時に、初めて間近で前田日明を見たけど、
その体から発せられるオーラは他のレスラーの比ではなく、
とても近づけるような存在ではなかった。

未だに匿名でタラタラ誹謗中傷を書いている連中も多いけど、
そんな連中など実際に前田を目の前にしたらまさに蛇に睨まれた蛙状態となり、
ただ単に震えるだけで何の言葉もはけないと思うね。

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ


先日深夜番組で久々に鈴木亜美をテレビで拝見したんですけども、
あまり最近の活動を知らないせいか一瞬ちょっと引いてしまいました。

別に大ファンと言う訳ではなかったんですけども、
デビュー当時はほぼ毎週ASAYANを見ていましたし、
当時の可愛さは印象深いものがありましたから、
この前の映像はかなりショッキングなものがありましたよ。

確かに女性の顔は大きく変化しますよ、でもああまでなってしまうとは…
さすがに気の毒に思いました。

まあそれはともかく、
見てくれ云々以前に世間ではあまりイメージが良くないだろうし、
自身もどちらかと言えばそのような思いはあるのですが、
それでもどうしても鈴木亜美だけは応援したいと言う気持ちになってしまうんですよね。

具体的な理由は書けませんけども、プロフ見たらそりゃ親近感が沸かない訳ないでしょう。

aibusaki_kuwazugirai_3.jpg aibusaki_kuwazugirai_2.jpg

今日は相武紗季の誕生日。

何回も言っているよう、
自分は昔からアイドルや女優には無関心なんだけども、
相武紗季だけは別。
本当、何で、何でこんな可愛いんだろう、
って疑問が浮かんでしまうほど可愛い。この可愛さはありえないでしょ、マジで。
宇宙一可愛いよ。

双子座のO型とは相性が良いらしいし、動物占いも同じ、って言うのもまた嬉しい。
もちろん会えもしない人と相性が良くてもどうにもならないんだけど、
悪いよりかはマシでしょ。

ただHappy!はさすがに録画してしまいましたけども、
それでも出ているテレビは必ず見る、って言う事はないですし、
もちろんそれ以上に熱中する事もない、
やっぱりどんなに可愛くても
画面の向こうの人に本気になる事は絶対にないんだよね。

BGM:
サザンオールスターズ「Happy Birthday」


昨日の「今日の出来事」で「恋愛ゲームにはまる女たち」
とか言う特集をやっていましたので、一部始終を見ていたのですが、
世の中にはまだまだ自分の知らない世界があるんだなぁ、
と半ば唖然としてしまいましたね。

生身のアイドルだって実際に付き合える訳はないけども、
実際に見る事は出来るかも知れない、
でもゲームのキャラはこの世に存在すらしていないもの。

もちろん誰にも迷惑かけている訳ではないから否定はしませんけども、
いくらプレイヤーに都合良く出来ているとは言え、
架空の人物にそこまでハマッてしまうと言う世界観は、
実際のアイドルすら無関心の自分には理解するのは難しいみたいだ。

離婚弁護士に出演していた時は信じられないぐらい綺麗な人だな、
と思っていたから一時ファンだったんだけど、
直後に「食わず嫌い王」に出演した時は…あれ?
本当にドラマで見ると綺麗に思えるんだけど、
バラエティに出ている時は…ここまでギャップがある人も珍しい。
あと見た目20台半ばぐらいに見えるから、まだ21と言うのに驚き。
若いねぇ。

ちょっと古いけど、4月20日のナイナイのANNを聴いて思ったこと。

この日は恒例のスペシャルウィークでアイドルの山崎真実と、
事務所の社長のヨシユキ・ヤベさん、
つまり矢部さんのお兄さんがゲストだったんですけども、
途中リスナーから「お二人の声が似ていて分からなくなります」と言うメールが届いたんですよ。

山崎「電話とか似てますよね」
矢部弟「あ~かもしれん」
矢部兄「声は昔からやね、絶対に間違われる、お互いの友達が」
岡村「富江の喋り方もようわからんかったけどね」
矢部弟「当たり前やがな(笑)」
岡村「(めちゃ早口で)はい矢部です!」
矢部兄弟「ハハハハハ!(爆笑)」


爆笑したと同時に思ったんですけども、これって携帯のない時代ならではの話ですよね。
その頃って家族の誰が出るか分からないから、
電話の度にめちゃめちゃ緊張していたものですけども、
このおかげで自然と目上の人に対する礼儀みたいなものが身に付いていった訳でしょう?
だから当時は正直面倒に思っても、今考えれば十分自分のためになっている事なんだよね。

でも今では小学生ですら携帯を持つ時代、
つまりこういう経験はないまま大人になってしまう…これってどうなのかな?
まあ小学生に携帯を持たせなければならない社会の事情、
と言うのも異常なのかも知れませんが、
自分らが経験して当たり前だった事を知らずに成長する、
って言うのはちょっと考えさせられるものがありますね。

因みにこの山崎真実が85年生まれ、って言うのを聞いて、
矢部さんがめちゃショックを受けていましたが、
自分も85年生まれって聞いたら正直引く。
要するに子供ながらに社会の出来事とか分かり始めた年ですし、
今でも鮮明に覚えているものですから、
その頃に生まれた人がもう21って言うのには結構ショック受けるのよ。

BGM:
渡辺美里「My Revolution」
(岡村さんが当時の話をしたときに良くかかる曲)


先々週のザ・サンデーとか見て思ったんだけど、
アイドルとか好きな人ってどうしてあそこまで熱心に応援出来るのかな?

だってアイドルなんかいくら好きになった所で、絶対に付き合う事なんて出来る訳ないじゃん?
自分は小さい頃からほとんどアイドルには夢中になった事がないので、
その心理は本当に理解不可能な範疇なんだよね。

まあそりゃ自分も男ですから、これは綺麗だな、可愛いな、と
思える有名人は居ますけどね、
例を挙げれば小林麻耶、小林麻央姉妹とか、相武紗季とか…。
それでも前述のように実際に会った事のない人は絶対に夢中にはならないから、
せいぜいテレビに出ていたら見る程度で、
絶対にアイドルファンみたいな真似はありえないんだよ。

握手会とかあれば行ってみたい、とは多少は思いますけども、
もし行ってしまったら何か男として終わりなような感覚を覚えるんですよね…。
と言う訳で、女性は偶像よりも目先の現実に限る!

因みに自分にも当然「好み」って言うのは存在はしますが、
何故かこれまで一度たりともそれに当てはまる有名人って言うのを見たことがないんだよね。
自分の好みはアイドルとかには向かないのかい?

BGM:
サザンオールスターズ「DING DONG~僕だけのアイドル~」


ちょっと前に、女性に黒髪への回帰が見られる、と言う記事が出てましたね。

それはそれで別に良いとは思うんですけども、結局は女優の影響な訳でしょ。
まあ人間は誰かしらの影響を受けて育っていく訳ですから、
別にそれは当然な事ではあるのですが、
個人的にはやはり黒髪が流行っているからすぐに流されるのではなく、
自分に合った髪型を貫き通す、それが一番だと思うんですよね。

自分も昔は茶髪に憧れまして、
スプレーで先端を茶色くする程度はやっていましたが、
最近はほとんど黒髪のままですね。
まあその理由としては上記と矛盾するかもしれませんが、
ブルース・リーと同じ髪、目、そして肌の色をもらっていると言うのが凄く誇りになっているんで、
今はどうしても茶髪にする気は起きないですよ。
ブルース・リーのおかげで凄く東洋人である、と言う事に本当に誇りを持てましたから、
自ら色を変えるなんて真似は恥ずかしくて出来ないんです。

もっともブルース・リーの教えに、
自分に合ったものだけを取り入れ、不要な物を排除しろ、
と言う言葉がありますから、自分に似合いさえすれば茶髪を否定する理由はないんですけどね。
話を戻しましてその女性の髪の色なのですが、
個人的には濃い目の茶色で少し黒い部分が残っているような
茶髪であれば結構好きなんですけども、
完全にまっ茶色な茶髪ははっきり言って嫌ですね。

当然金髪は問題外。
昔紅白でGlobeのKEIKOが金髪で登場した事がありましたが、
もうこれが似合わないこと似合わないこと!
所詮東洋人が真似した所で、欧米人のように似合う訳じゃないし、
また自分は上田馬之助以来「金髪=ヒール」と言うイメージで固定されていますから、
金髪って言うのだけは絶対にNG、本当脳みそイカれてるアホとしか思えない。

BGM:
サザンオールスターズ「ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)




| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Fan Yi-Wang's Voice, All rights reserved.





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。