admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書きたい事は色々頭にあるんだけど、今日は疲れたので一言で済まします。


赤田のサヨナラヒットでライオンズ連勝!!


スポンサーサイト

離婚弁護士に出演していた時は信じられないぐらい綺麗な人だな、
と思っていたから一時ファンだったんだけど、
直後に「食わず嫌い王」に出演した時は…あれ?
本当にドラマで見ると綺麗に思えるんだけど、
バラエティに出ている時は…ここまでギャップがある人も珍しい。
あと見た目20台半ばぐらいに見えるから、まだ21と言うのに驚き。
若いねぇ。

放出した豊田は炎上、森は今期絶望
逆にそれまで目立った実績のなかった前広島の福地は大活躍、
江藤も十分戦力になっているのを見ると、
改めて我がライオンズの見切りの上手さと運の良さを実感するなぁ。

usas.jpg

ちょっと前の話になるけど、
上記画像のサザンオールスターズ「ベストヒット USAS」のDVDを購入しました。

発売は2004年の年末と大分前になるんですけども、
個人的にはPVにはあまり関心がないのと、
最近の曲が多かったと言う事もあって見送っていたのですが、
YouTubeで「愛と欲望の日々」のPVを見た所かなり気に入りましたので、
それがきっかけとなって購入したと言う訳です。

なのでこれで初めて振り付けをじっくり見たものですから、
当然「みんなが好きです!」の時には上手く合わせられませんでしたので、
もっと早く買って覚えておくべきでしたよ。
(まあ一応Mステなども録画はしていましたけどね)
でもこれで次のライブでは絶対に完璧にこなしてみせる!

それ以外も予想以上には楽しめましたが、
定価近い価格だったらどうかな、と言う感じですね。
まあ小林克也さんを起用したり、
それなりにお金はかけてるでしょうから仕方ないかも知れませんが、
やはりPVと過去VTR中心と言う事を考えたらもうちょっと安くしてもいいんじゃないかなぁ。

ところで「愛と欲望の日々」って
2003年以降ではBOHBOと並んで好きなシングルなのですが、
これもBOHBO同様かなり歌詞が際どいですよね。
特に「SUCK IT TO ME ONE MORE TIME!」とかなんて、
それなりに英語が分かる人ならちょっと口に出すのは恥ずかしいですよね(苦笑

BGM:
サザンオールスターズ「愛と欲望の日々」


ちょっと古いけど、4月20日のナイナイのANNを聴いて思ったこと。

この日は恒例のスペシャルウィークでアイドルの山崎真実と、
事務所の社長のヨシユキ・ヤベさん、
つまり矢部さんのお兄さんがゲストだったんですけども、
途中リスナーから「お二人の声が似ていて分からなくなります」と言うメールが届いたんですよ。

山崎「電話とか似てますよね」
矢部弟「あ~かもしれん」
矢部兄「声は昔からやね、絶対に間違われる、お互いの友達が」
岡村「富江の喋り方もようわからんかったけどね」
矢部弟「当たり前やがな(笑)」
岡村「(めちゃ早口で)はい矢部です!」
矢部兄弟「ハハハハハ!(爆笑)」


爆笑したと同時に思ったんですけども、これって携帯のない時代ならではの話ですよね。
その頃って家族の誰が出るか分からないから、
電話の度にめちゃめちゃ緊張していたものですけども、
このおかげで自然と目上の人に対する礼儀みたいなものが身に付いていった訳でしょう?
だから当時は正直面倒に思っても、今考えれば十分自分のためになっている事なんだよね。

でも今では小学生ですら携帯を持つ時代、
つまりこういう経験はないまま大人になってしまう…これってどうなのかな?
まあ小学生に携帯を持たせなければならない社会の事情、
と言うのも異常なのかも知れませんが、
自分らが経験して当たり前だった事を知らずに成長する、
って言うのはちょっと考えさせられるものがありますね。

因みにこの山崎真実が85年生まれ、って言うのを聞いて、
矢部さんがめちゃショックを受けていましたが、
自分も85年生まれって聞いたら正直引く。
要するに子供ながらに社会の出来事とか分かり始めた年ですし、
今でも鮮明に覚えているものですから、
その頃に生まれた人がもう21って言うのには結構ショック受けるのよ。

BGM:
渡辺美里「My Revolution」
(岡村さんが当時の話をしたときに良くかかる曲)


bbexpert1.jpg bbexpert2.jpg bbexpert_back.jpg

ヤフーインターネット検定の「ベースボールエキスパート1級、2級」の認定証が届いた。
3級と合わせて5500円も払っておきながら、
観戦時の特典等は何もなし、得たのは何の得にもならないこれら2つのカードだけ。

はっきり言ってかなりの後悔はありますけども、
やっぱり自分は野球の歴史や記録には絶対の自信があるから、
自分の力を試さずには居られなかったんだよ。

今日は疲れたので短くまとめます。

ライオンズ勝利!!しかも松坂14奪三振で完封!!

PC関連はネットで中古の本体を購入した時に、
中古のメモリやビデオカードを買ったぐらいでしたけど、
記録型DVDの格安メディアの購入には大変重宝していましたから、
この店がなくなる、と言うのは物凄く不便ですよ。

結構流行っているように思えたんですけどね、
厚木や海老名は家電量販店がひしめきあっていますから、
それなりに厳しかったのでしょうか。
それにしても残念!

先々週のザ・サンデーとか見て思ったんだけど、
アイドルとか好きな人ってどうしてあそこまで熱心に応援出来るのかな?

だってアイドルなんかいくら好きになった所で、絶対に付き合う事なんて出来る訳ないじゃん?
自分は小さい頃からほとんどアイドルには夢中になった事がないので、
その心理は本当に理解不可能な範疇なんだよね。

まあそりゃ自分も男ですから、これは綺麗だな、可愛いな、と
思える有名人は居ますけどね、
例を挙げれば小林麻耶、小林麻央姉妹とか、相武紗季とか…。
それでも前述のように実際に会った事のない人は絶対に夢中にはならないから、
せいぜいテレビに出ていたら見る程度で、
絶対にアイドルファンみたいな真似はありえないんだよ。

握手会とかあれば行ってみたい、とは多少は思いますけども、
もし行ってしまったら何か男として終わりなような感覚を覚えるんですよね…。
と言う訳で、女性は偶像よりも目先の現実に限る!

因みに自分にも当然「好み」って言うのは存在はしますが、
何故かこれまで一度たりともそれに当てはまる有名人って言うのを見たことがないんだよね。
自分の好みはアイドルとかには向かないのかい?

BGM:
サザンオールスターズ「DING DONG~僕だけのアイドル~」


ちょっと前に、女性に黒髪への回帰が見られる、と言う記事が出てましたね。

それはそれで別に良いとは思うんですけども、結局は女優の影響な訳でしょ。
まあ人間は誰かしらの影響を受けて育っていく訳ですから、
別にそれは当然な事ではあるのですが、
個人的にはやはり黒髪が流行っているからすぐに流されるのではなく、
自分に合った髪型を貫き通す、それが一番だと思うんですよね。

自分も昔は茶髪に憧れまして、
スプレーで先端を茶色くする程度はやっていましたが、
最近はほとんど黒髪のままですね。
まあその理由としては上記と矛盾するかもしれませんが、
ブルース・リーと同じ髪、目、そして肌の色をもらっていると言うのが凄く誇りになっているんで、
今はどうしても茶髪にする気は起きないですよ。
ブルース・リーのおかげで凄く東洋人である、と言う事に本当に誇りを持てましたから、
自ら色を変えるなんて真似は恥ずかしくて出来ないんです。

もっともブルース・リーの教えに、
自分に合ったものだけを取り入れ、不要な物を排除しろ、
と言う言葉がありますから、自分に似合いさえすれば茶髪を否定する理由はないんですけどね。
話を戻しましてその女性の髪の色なのですが、
個人的には濃い目の茶色で少し黒い部分が残っているような
茶髪であれば結構好きなんですけども、
完全にまっ茶色な茶髪ははっきり言って嫌ですね。

当然金髪は問題外。
昔紅白でGlobeのKEIKOが金髪で登場した事がありましたが、
もうこれが似合わないこと似合わないこと!
所詮東洋人が真似した所で、欧米人のように似合う訳じゃないし、
また自分は上田馬之助以来「金髪=ヒール」と言うイメージで固定されていますから、
金髪って言うのだけは絶対にNG、本当脳みそイカれてるアホとしか思えない。

BGM:
サザンオールスターズ「ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)


エキサイトがどうも機能的にいまひとつな所があったので、
FC2へと移転してみました。

これまでほとんどエキサイトばっかりだったので、
この多機能性にびっくり!
これなら最初からここにしておけば良かったかな。

真面目にブログを始めてから初めてアクセス数を覗いてみたけど、
前よりかは増えているとは言え、
思ったほどでもなかったのでちょっとがっかり。

まあまだ1ヶ月程度でPING以外ロクに宣伝もしていないから、
これでもマシなのかも知れませんが、
それでも2サイトで計500ぐらいのアクセスがあるのだから、
もうちょっと見てくれてもいいんじゃないか、とは思うんですけどね…。

でもそれならそれでこれまで溜まった不満を一気にぶちまけてやる。

PINGだけでなく、コメントもTBも積極的にすれば
それなりに伸びるとは思うのですが、
やはり掲示板のトラウマが未だに消えないので、
よそに書き込むのは良くても、
自分の所で交流を図ると言うのはどうしても出来ないんですよね。

はっきり言いますけども、
掲示板開いていて楽しかったのはヤフーに登録されるまでぐらいですよ。
確かにアクセス数が増えたのは嬉しい事でしたけども、
アクセスが増えれば増えるだけ「色々な人」が来るようにもなりますから、
本当に精神的に負担がかかったね。

その中でも一番困ったのは長々としたゲームやレビューへの批判だね。
最初にその手があったのはグラディウスIVへの批判なんですけども、
俺ね、グラディウスIVの時はとっくにアーケードゲーマーは辞めていたから、
好き嫌い云々よりも頭のなかに「ない」んですよ。
だから正直な所まともな話題は出来ないし、またしようとも思わないんですよね。

なので適当に話を合わせておいたら、案の定よそから批判された。
別にあんたがグラIV嫌いなのは構わないけどさ、
なんなら自分でサイト開いてそこで思いきって不満をぶちまけろよ。
いちいち他人の掲示板でそんな書き込みされると、
こちらは迷惑で仕方がないんだよ!

お次に立腹したのは天外魔境IIのレビューへの批判。
確かに戦闘シーンについては批判しましたけども、
後は概ね好意的なレビュー、つまり内容の8割程度は賛美しているんですよ。
でもその2割の批判にもう怒涛の如く反論投稿を書いてきた輩がいたんだよね。

じゃあ俺も聞きたいんだけどさ、「好きな歌ランキング」とかで1位になった曲が、
日本中皆が皆その歌が大好きだと思ってる?
100人いれば100人別々に好きな歌が存在するのは当然でしょう?
世の中2人として同じ人間は存在しないんだから。

その後グラディウスIIIの装備や攻略についても似たような投稿がありましたけども、
自分の好きな物は他人も好きで当たり前、
だと思っているその思考はもう典型的なヲタクだよね。
こういうノータリン共を相手にしてたら本当に脳みそがいかれる。

他に頭に来たのはサーバーが落ちている時だけ書き込みに来た奴。
お前がいちいち報告しなくても、
管理人がどういう状態かは一番良く把握しているんだよ!
大体そのためにミラーサイトを付けていただろうが!
こういう時だけ投稿されると、
何だか更新の苦労を全く理解されていない感じがして、
これも物凄く不愉快に思いましたね。

もちろんそういう人ばっかりじゃないんですけどね、
人間悪い事の方が印象に強く残るから段々嫌になるのはしょうがないね。

またそういう輩は別としても、
最後の2年ぐらいからは正直ゲームへの関心は皆無に等しかった、
つまり掲示板を開くと必然的に「嘘」を付かなくてはならなかったから、
そういう面でも精神的にキツかったんだよね。
レトロゲーム専門とは言っても、
やはりゲームサイトである以上今のゲームの話題は避けられないからね。

正直管理人としてはあるまじき発言だろうけど、
今は熱中していても、やっぱりいつかはゲームから離れる日が来るんだから。
俺だって10代の頃はゲームを止めた自分なんて想像出来なかったけど、
大抵の人はある日突然その時が訪れるはずなんです。

だからいつ掲示板を閉鎖しようか、ずーっと迷っていたんですけども、
ちょっとの誤字を修正しろ、と言う書き込みで完全にブチ切れました。
2~3日閉鎖した後、トップページを今の状態に変更して再開したのですが、
本当に気分爽快、精神が一気に晴れやかになりましたよ。

閉鎖中は色々キャッシュなどを駆使してやってくる人もいましたが、
サイトが存在するありがたみをようやく実感出来ただろうね。
サイトそのものはコンピュータの中に存在するものだけど、
サイトが存在する、と言う事は必ずそれを作った人間がいるんだよ!

だからもうちょっとその辺りを理解して欲しいし、
サイトが存在すると言う事を決して「当たり前」だとは思って欲しくないね。

BGM:
サザンオールスターズ「怪物君の空」



楽天球団史上初のサヨナラ弾!!
ただそれは大変めでたい話題なんですけども…
工藤が先発、抑えが豊田、
そしてサヨナラ弾打ったのが、フェルナンデスって、皆元西武じゃん!!

まあフェルナンデスはともかくとして、
読売では李、パウエル、小坂、そして小久保らも活躍している訳だし、
もうここは完全なパリーグオールスターズだね。
この球団にはプライドも何にも存在しないんだろうね。

それにしてもそこの元OBの松本匡史さんが楽天のコーチやってるとは知らなかった。


そうそう、これを書いとくんだった。

昔から割りと何か「ゲーム・アニメ」って一緒くたにされる事が多いんだけど、
周りにゲーム好きは多くてもアニメファンは皆無だったから、
俺はなんでそんな一緒にされるのか凄い不思議だったんですよね。
当時のゲーメストでも似たような投稿あったし。

そんな自分が初めて意識したのが、
マルゲ屋や近所にあったゲーセンのコミュニケーションノートを見たとき。
大体このような店に来る人は男ばっかりなのに、
ノートに書いてある絵が何とも寒気がする、
おぞましい絵(自分にとっては)ばっかりだったんですよ。
それが最初の「おや?」。

次はゲーメストの10周年記念号。
サービス部には自分が買っていた2年前には見られなかったグッズや、
付録の年表の最初には全くどうでもいい紹介文があったりするなど、
これで「もしや?」。

で、ネット始めて決定的に。
だから掲示板開いている時にも、
ゲーム好き(ほとんど過去形ですけどね)だからアニメも好きだろう、
って言う先入観で自分を判断する書き込みがあったりしたんですけども、
はっきり言って気分を害しましたよ。

自分は「オホーツクに消ゆ」のサントラが復刻された時に、
町田のゲーマーズへ行った時も寒気がして、
正直すぐにタップ(=ギブアップ)したくなったほどの人間なんだから、
先入観で一緒くたにされると言うのは非常に不愉快なものがありましたね。

俺はもう声をにして言いたいんだけど、
正直ガンダムとかでさえ知識はゼロに等しいから。
本当、同世代の人間がびっくりするぐらい何にも知らない。

もちろん小さい頃は藤子作品やジャンプのアニメは見てましたけども、
それは大体の少年が通る道だし、せいぜいその程度ですよ。
一般人でも観るジブリ物ですら20世紀には3作しか見てなかったからね。
(魔女の宅急便、海がきこえる、もののけ姫)
北米盤DVDを買ったのも英語音声目当てだし。
(国内盤は字幕と合っていないので分かり辛い)

エヴァンゲリオンは観ましたけども、
それだってSSの2作目が発売されるまで全く知らなかったし、
全編観たのも夏の映画が公開された時だしね。
あれだけ流行っていなかったら観てないよね。

だから自分はそういうスタンスを持っているんで、
あまり先入観で人を判断するのは正直止めて欲しいね。
大体俺は血液型性格判断とかも一切信用しないし、
こういうのもゲームを嫌になってきた理由のひとつなんだよね。

BGM:
サザンオールスターズ「COMPUTER CHILDREN」(85)



今日は色々あったので疲れました…。
だから書きたい事は色々あるんだけど、疲労が凄くてまともな更新は無理。
でもこれだけじゃ何なので、頑張って少しでも書こう。
で、昨日帰ってきた直後に思ったこと。

相鉄使えば横浜なんてすぐだし、
距離的にも小田急で新宿へ行くよりも全然近い訳なんですけども、
その割には妙に時間がかかるように思えるんですよね。

大体最寄り駅までは25分ぐらいかかるらしいんですけども、
小田急の快速急行なら新宿-町田間まで29分で行ける事を考えたら、
やっぱりもうちょっと早くならないのかな、と思ってしまうんだよね。

もちろん単純な比較は出来ませんけども、なんだかなー。


2005.5.19Bay_vs_lions_4.jpg

今日は横浜スタジアムでベイスターズVSライオンズを観戦してきました。

ファイターズが移転してからと言うものの、
なかなかライオンズ戦を観る機会が取れなくなってしまいましたので、
そういう意味では交流戦はとてもありがたいですよね。

野球ファン皆が皆いつもひいきのチームの応援に行けるとは限らないのだから、
気軽にその環境にある人は凄い幸せだと思えよーっ!

まあそれはともかくとして、
本来ならばデーゲームを見に行く予定だったのですが、
松坂を見れるのはおそらく今年最後だと思いますので、
ちょっと面倒でしたが頑張って行って来ました。

8回表終了時に雨が強くなりましたので、
そこで帰ったため多少悔いはありましたが、
そのまま雨天コールドだったようですので、
結果的には最後まで見れた事になったのでまあ良かったかな。

で、先ほど録画しておいたスカパーを見たのですが、
んー、ばっちり映っていましたよ、自分。
こうして自分の姿を見るって言うのはなんか恥ずかしいものがありますね。

まあそんな事はともかく、
ちょっとヒヤッとする場面もあったけど、ライオンズ勝利万歳!!

BGM:
西武ライオンズ球団歌「地平を駈ける獅子を見た」


遂にHKGSがYahoo! Japanのカテゴリに登録されました!

正直登録される自信はなかったので、
通知メールが届いた時は本当にびっくりしましたよ。

しかしこれで2つの製作サイトがいずれもヤフー登録サイトとなった訳ですけども、
ひとつ登録されるのも大変な事なのに、これで2つめですよ?
これってめちゃくちゃ凄い事じゃないですか?
今はブログのおかげで小学生ですらサイトを持つ事は可能ですけども、、
さすがにヤフー登録、しかも2つなんて言うのはそうそう簡単に行くものではないでしょう?

自分で言うのも何ですけども、
やはりそれなりにセンスや才能がないと出来ない事だと思うので、
これはちょっと威張らせてもらいますよ、マジで。

いや、でも本当に苦労が報われた思いですよ、今は。
まあロクにリンクや宣伝もしていない、と言う事もあるとは言え、
これだけ製作が大変だったのにも関わらず、
本当にアクセス数が伸びなかったですからね。

「何でこれだけ頑張っているのに、これしか人が来ないんだろう…」
マジでへこんでましたから、今は本当に嬉しいというか、ホッとした気分ですよ。

今は正直、見たか!って感じだよね。

BGM:
武藤敬司旧テーマ曲「TRIUMPH」




us_police_story.jpg

届きましたよ、「香港国際警察 NEW POLICE STORY」の北米盤DVDが!

まださわりしか見ていませんけども、
英語吹き替えがジャッキー本人、他の俳優も一部は本人っぽいので、
それに関しては文句の付けようがない。素晴らしい!

前々から一番英語吹き替えで見たい、と思っていた映画ですから、
この出来なら大大大満足ですよ、本当に待った甲斐がありました。

特典も1枚組ながら大変に豊富ですが、
あまりの感動に一気に製作しましたので、詳しい事はそちらをご参照。

今年買った海外盤DVDの中ではこれは屈指のでき!
英語吹き替えマニアなら絶対に買ったほうがいいぞ!

BGM:
ジャッキー・チェン「九月風暴(香港国際警察 NEW POLICE STORY主題歌)」


2chではお祭りになってますね。

この手のニュースが起きる度にいつも思うんですけども、
何で「ばれたらどうなるか」って考えられないんですかね?

まあ起こってしまった事は仕方ないですけども、
これで周囲の女性たちの目が冷ややかになるだろうね~。
まさに針のむしろ状態。ご愁傷様。

男にとって女性に嫌われるのがどれほど辛いものか、
それは自分自身身をもって体験しているからね。
もちろん自分はその手の行為ではないですけども、
中学1年の時にある女子に対して
デリカシーのない発言をしてしまった事をきっかけとして、
本人はもとよりその友人たちから嫌われた嫌われた。

自分は幼稚園の頃から女子に人気あったし、
女子から嫌われるなんてずっとなかった事だから、
それだけに凄い辛かったですよ、あの時は。
だから今思い返しても、何であんな事を言ってしまったのか、
本当に馬鹿な真似をしたと思ってる。

一番嫌っていた女子は幸い?にも1年で転向してしまいましたけども、
その時に謝る事が出来なかったと言うのも今では凄い後悔していますよ。
男なら男らしく頭を下げるべきだった、あれは。

とは言っても自分の場合は一部の女子だけ、
このアナは同僚はもちろん日本中の女性から
冷ややかな目で見られる訳ですから、辛さは俺の比じゃないよね。

犯罪的には軽犯罪程度かもしれないけど、
イメージ的には最低最悪だからね。
男としてこの手の犯罪は絶対に、絶対にやったらあかんよ。

BGM:
桑田佳祐「漫画ドリーム」(94)



前に「トム・ヤム・クン!」とトニー・ジャーは
「ポリス・ストーリー」と全盛のジャッキーを超えたと書いたけど、
やっぱりそれは言い過ぎた。

「ポリス・ストーリー」は今でもアクション映画としては最高傑作レベル、
もちろん全盛のジャッキーも最高のアクションスターである、
と言う事をDVD見て改めて再認識したよ。あれは簡単には超えられないって。

BGM:
ジャッキー・チェン「英雄故事(ポリス・ストーリー主題歌)」



先週からローソンでもYゆうパックが可能になったけど、
基本的な使い方はファミマと同様だから、
店員が慣れていないのは問題ない。問題なのは…

"ただいま混雑しております。
時間を空けて再度お試しください"
(うろ覚え)

おかげで正反対の1.5km離れたファミマに行くはめになったぞ。
マジでロッピー死ね、じゃなくて壊れろ。

そのファミマって近所には1件しかないんだけど、
1km離れている上に、普段はほとんど通らない場所なので、
正直不便なんだよね。

かと思いきや、ちょっと離れると
半径2kmで4軒ぐらい密集している場所もあったりするし、
もうちょっと考えて分散させろよ!

因みに最も行く回数の多いコンビニは、やっぱりセブン。
新生銀行とイーバンクが手数料無料なのが何よりも便利だし、
弁当やおにぎりも一番安心感がある。
だから自転車に乗っている時も、多少遠くてもセブンを探していくね。

それだけ重視しているから、潰れた店舗があると結構ショックだったり。
特に麻溝台店を潰したのは今でも許せない!

次に多いのはローソン。
セブンで食べ物が買えなかった時はここで買うし、
レジ横の揚げ物もセブンより種類が多くていい。
最近ではちょっとカロリー多目かもしれないけど、
スイートポテトパイなんかがおいしいね。
後はもちろんサザンのチケットでもお世話になってます。

ファミマはほとんどYゆうパックで使うぐらい。
前はおいしいお菓子があったんだけど、
急になくなったので最近では食べ物はほとんど買ってない。

後のコンビニはスポーツ新聞を買う時に使うぐらいで、まず利用はなし。


ジャイアンツを3タテ!!


先週はどうなる事やら、と思ったけど…
正直、今は、もう、笑いが止まりません!!


うちの方じゃTOKYO FMが良く聴こえないので、
「やさしい夜遊び」も聴かなかったんだけど、
どうやら桑田さんが大森逮捕の件についてコメントを出したらしい。

まあ当たり前だけど、
一ファンの自分でさえここまで辛い思いしたんだから、
サザンの人たちは計り知れないショックを受けるのも当然だよね。

「昨日は人生でワーストの日」…
やっぱりあれだけ偉大な人でも、
所詮は自分と同じ生身の人間なんだな、と言う事を実感しましたね…。

でもこんな事があろうと、
俺は変わらず一生サザンを応援していきますから。

BGM:
サザンオールスターズ「悲しみはメリーゴーランド」



LEGENIDIUSの直ブックマーク禁止タグを修正。

こんな面倒な事しているのも、
散々注意書きを書いたにも関わらず無視し、
直接お気に入りに入れる日本語の理解出来ない馬鹿がいたからだからね。

トップページ以外にお気に入りを入れられる、
って言うのは管理者からすれば物凄く不愉快な事なんだよ。
その辺りを肝に銘じて欲しいね。

ついでに昨日気分転換に、久々に「パロディウスだ!」をプレイしたのですが、
約4年ぶりのプレイだったものの10面まで1コインで行けました。
体は覚えているもんですね。
それで攻略を見て上記の件に気付いたのですが、
構成も酷かったのでついでに直しておきました。

あとCGIが使えなくなりレポート板がなくなったので、
HP関係の更新もこっちに書きますし、
もちろん新規ページ追加もこちらを優先します。
読んでくれていない人はご愁傷様。


今日はやはりこの話をしなければならないね。

確かに今はメンバーではないし、
一般的な知名度も低い事から
サザン自体の活動に影響を与える事はないでしょう。

でも大森氏が"サザンオールスターズのメンバーだった"って言うのは
一生消えようがない事実だし、
これはホントショックで裏切られた気分ですよ。絶対に許せないよね。

今まではどの有名人が捕まろうと他人事だったけど、
実際にこうなるとここまで精神的ダメージが大きいとはね…。
何か過去のライブとか見るの辛くなるね。

そうでなくても今週は辛い事多かったんだから(火曜日を除く)。
多分今年で2番目に辛い週。

セリーグのBクラスに3タテ喰らっただけでも切腹ものなのに、
おいおいおい、3試合連続二桁失点てどういう事?
スカパー付けた瞬間「ええええええええ」となりましたよ、
不甲斐なさと同時に、他のパリーグファンに対して本当に申し訳ないよ。

でも今日は見事にパリーグ全球団勝利!!
楽天は最後ハラハラしましたけど、よくやってくれた!
これでちょっと溜飲下がりましたよ。

あとはちょっと個人的にも色々あってね…。
いやね、ここにはネガティブな事は書きたくないんだけど、
今回は本当に遺書を書かなければならないかな、と思いましたよ。

でも、福知山線の事故とか、
明日生きたくても生きれなかった人の事を考えると、
やっぱりそれだけは出来ないんだよね。

だから何とか思いとどまりましたが、
これだけ酷い事があればきっと次は凄い良いことが待っているはず!
そう考えて生きていくしかない。

そうマイナスをプラスに変えて生きられるのが
自分の良い所だと思うんだよね。
未だに英語を勉強しているのも、
あの出来事(俺の事好きならもっと早く告白してくれよ)があったからだし、
世の中の人皆が皆そうではないだろうからね。

でも最後に今日はこの台詞を書き残しておこう。
何故英語なのか、それは北米盤DVDを購入したから。
正直今はATフィールド…心の壁全開。もう人間不信の極みだよ。

"No, no, no It's not possible!!
I won't believe that Kaworu is an Angel... it's a lie!!"

"You betrayed me... you betrayed the trust I placed in you.
You betrayed me just like my father did!!"


本日のBGM:
THE END OF EVANGELION ORIGINAL SOUNDTRACK
「空しき流れ」



dvd1.jpg

最近買った海外盤DVD2種です。

左はこの前書いた香港盤「トム・ヤム・クン!」
右が北米盤「ファイナルファンタジーVII アドベント・チルドレン」です。

前者はこの前書いたから良いとして、
後者はちょっと説明が必要でしょう。

CD-WOWのカテゴリを色々物色していたら、
アジア盤が1800円ほどで売られているのが目に入ったんです。
そこで英語音声が収録されている事を知り、
購入意欲が沸いたのですが、
NTSCではあるものの1枚組と言うのが気になったんですね。

英国盤はSE盤でしたが、
こちらは3000円近く、さらにPALの早回しなので、
NTSC盤を観ていない自分としてはこれも躊躇したんですよ。

その後さらに調べてみると、
北米盤のSE盤も売られている事を知ったのですが、
これは約3000円と一番高かったんです。

それでどうしようか、と悩んだのですが、
一応アマゾンも覗いてみよう、と思って調べてみると、何とこちらではたった15ドル!
国内版も一応調べて見ましたけど、今でも通常版が4000円前後でしょう?
それが北米盤だとSE盤が送料含めても20ドルちょいで購入出来る訳ですから、
こりゃ衝動買いするな、と言うのは無理な話ですよ。

内容はそのうちHKサイトの方でレビューしますが、
懐かしいなFFVII…もう9年前になるんですね。
もちろん発売日に購入したのですが、
あれほどの話題作が何の苦労もせずにコンビニで買えるなんて、
本当に信じられない世の中になったものだな、としみじみ思ったものです。

本日のBGM:
ファイナルファンタジーVII「片翼の天使」


毎日更新しているブログを見ては、
「毎日頑張ってるな」と感心していましたけども、
実際真剣に取り組んでみると毎日ネタが出てくるものだ。

なので書きたい事はいっぱいあるんだけども、
今日はやはり交流戦の話題から…と勢い良く書くつもりでしたが、
盛り上がっているのは「2chのライバル宣言スレ」ぐらいで、
何だか世間的にも自分的にも全然盛り上がってないね。
せっかく5月からスカパーのプロ野球セット契約したのに。

確かに2度目と言う事で新鮮味はなくなりましたから、
ある程度予想出来た事とは言え、これはちょっと寂しいよ。
でもまあ横浜スタジアムでパリーグのチームが見れるのは嬉しいし、
今年もライオンズの試合はデーゲームで行うようなので、
それはやっぱりありがたい話ですよ。

それにパリーグのファンは仲間意識が強いから、
ひいきチーム以外の球団も応援できる、と言う楽しみもありますしね。
これは敵対心の強いセリーグファンではないでしょう。

と言う訳で、パリーグ5球団のファンの方々は
我が西武ライオンズの応援もお願いしますよ!


サーバーが移転してアフィリエイト可能となったので、
試しにバリューコマースが提供している、
セガとコナミの広告審査を受けてみました。

自分はHPで金儲けしよう、と言う気はさらさらないので、
果たして自分のHPが世間に認められるか、
その一点のみが審査の動機ですよ。
だから単なる金儲け、の連中とは一緒にしないで欲しいね。

結果は…見事承認!!
去年画像云々で色々文句を言ってきた単細胞がいたけど、
天下の2社が広告掲載を認めたんだぜ?
これでもまだ文句あるのかい!?




3月に公開されたジェット・リー主演「SPIRIT」のDVDがもう出ますね。
しかも通常版、初回限定版、コレクターズ・ボックスの3種類。

前2つはわかりますけども、
コレクターズ・ボックスの「ノーカット完全版」って何なんでしょうね?
自分は香港盤持ってますけど、
本編は日本公開版と変わらなかったような。

基本的にはその日本公開版が収録なんでしょうけども、
と言う事は当然タイトルと主題歌も差し替えと言う事になるんでしょうね。

前者はともかく、後者はね…まあどっかの圧力か何かなんでしょうけど、
あの主題歌のおかげで余韻がぶち壊し。
関係者はDVDに謝罪文を同梱しろ。

まあそんな文句タラタラでも、
香港盤の中文字幕がさっぱり理解出来ないんで、
もちろん限定版購入しますよ。

でもやっぱり一番観たいのは英語吹き替え盤なので、
アメリカでもイギリスでも良いから早くそちらでもDVD発売して欲しいです。

http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=4129
http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=4128

そして次はようやく、と言うかとうとう
「新警察故事 NEW POLICE STORY」の北米盤が発売されます!
もちろん待望の英語音声収録なので、
これは買わない手はないでしょう。ちょっと高めなのは気になりますが。

自分は映画を観る事を少しでもプラスにしたい、
と言う考えなので、香港映画でも出来れば英語吹き替えで観たいんです。
なので一番英語版が発売して欲しい作品のひとつだったので、
これは今から楽しみですね。

http://www.fantasium.com/detail.phtml?ID=FOR38374&PHPSESSID=24234deabea26a7975bc9ac5adbd068a


ほぼ最初から最後まで、地上波の中継を通しで見ました。

「こいつに勝たせるんだろう」的なマッチメークの試合は、
「噛ませ犬」役で出場させられる選手が凄く可哀想に思えてしまい、
やっぱり冷めた目で見てしまいましたね。

その中で唯一面白かったのは、やはりジョシュの試合ですよ。
やっぱり元UFC王者と言う金看板を背負っているし、
そして何よりUWFを始め、
日本のプロレスに誇りを持っている青い目のサムライですから、
あんなロシア野郎には絶対に負けて欲しくはありませんでした。

なので序盤攻勢に出られた時は
「嫌だなー負けちゃうのかなー」
とかなりブルーな感覚になってしまいましたので、
勝利の瞬間はかなり嬉しかったですよ。

しかも決め技が「V1アームロック」!
これは旧UWFで使われていた技、
つまりプロレス的イメージの強い技で勝利、と言うのもたまらない。

もちろん最後のマイクも良かった!
プロレスの仕組みが分かり、もはや総合での勝利は意味はない、
と言うのは分かっちゃいるんだけど、
それでも「プロレスが強い事を証明する」
なんて言ってくれちゃうと、今でも涙腺を刺激してしまうんだよ。

美濃輪もそうだけど、
今なお日本のプロレスに誇りを持って闘っている男たちがいる、
と言うのは、はっきり言って泣けるね、泣けるよ。

他に印象に残った点としては、
テーマ曲が鳴っても「シーン」って言う
吉田の人気のなさには驚愕した。

一般視聴者には相変わらず人気はあるようなので、
ここでも格闘技ファンとの温度差みたいなものを感じます。
試合もあっさり終わらせた事で、
また批判的な意見が噴出しているけど、
一応ガチンコだからしょうがないんじゃないの?

でも今大会を盛り上げたのは、
「プロレスラー」であった事は、間違いない。

本日のBGM



| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2006 Fan Yi-Wang's Voice, All rights reserved.





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。