admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ch_itunes.jpg

iPod nanoを買って良かった事のひとつに
昔の曲も収録出来た、と言う事があるんだけど、
特に嬉しかったのがシティーハンターのサントラを収録出来た事、
そう、実は自分はシティーハンターの大ファン、
人生において一番ハマッた漫画がシティーハンターなんですよ。

元々は姉の影響なんですけども、
コミックス全35巻揃えているのはもちろん、
TV版も2、3、91はほとんど録画してあるほどですし、
もちろん同じ男としてリョウにも憧れた、憧れた。

で、そのTV版の主題歌なんですけども、
ご存知のよう、TM NETWORKを始めとして、
当時としては画期的な「アーティスト」を起用していたんですよね。
今でこそ珍しくはないと思うんですけども、
当時はまずありえなかった事ですから、
これは凄く新鮮で格好良く、お洒落に映りましたよ。

特にそのTMは、小室哲哉のソロも含め3度も曲を提供していましたし、
中でもTM自身のブレイクのきっかけともなった「Get Wild」は
CHのイメージソングと言っても過言ではないほどだった。

あのラスト直前にサビ部分のイントロが流れ、
そのまま画面が静止しEDへと移行するCHならではのあの演出...
今見ても繰り返して見てしまうほど格好良かった。
2以降もその演出は続き、
曲自体も「Get Wild」に追いつき追い越せ、って言う感じだったけども、
結局それに匹敵する曲は出て来なかった、
それほど「Get Wild」の完成度は飛び抜けていた。

そのEDで個人的に印象深いシーンを挙げるとすれば、
やはり麗華の初登場話の前編だね。
公園で狙撃され、心配するリョウを横目に
「わかったわ、友村さんを殺した張本人が!」と語る場面でEDを迎えるシーンは、
ビデオで繰り返し見たと言う訳でもないのに、
未だにはっきりと目に焼きついているんですよ。
これは本当に良かった。

もちろんCH2「さらばハードボイルド・シティー」の
あのシーンを思い浮かべる人も多いと思いますが、
自分の場合は「愛と宿命のマグナム」公開時の特番で
そのシーンだけ先に観てしまいましたので、
当然ストーリー等理解出来るはずもなく正直訳が分からなかったんですよね。

と言う訳で、
CH2の再放送を録画し続けたのはそのシーンが観たかったからなのですが、
再放送が始まったのは翌年初夏の事でしたので、
結局観る事が出来たのは夏休みになってからだった。
なので随分と待たされた訳ですが、本編を見終わった後は、
それだけ待った甲斐があった、と素直に思いましたよ。
元々は最終回の予定だっただけあって本当に感動出来ましたし、
今でも台詞とか空で言えるほどですから。

リョウ「いいさ、撃てよ。
お前が元に戻らないのなら、生きていてもしょうがない...」


本当リョウカッコイイよな~。

BGM
スポンサーサイト



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Fan Yi-Wang's Voice, All rights reserved.





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。