admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジテレビ739で「キン肉マン」が放映されている事に今更気付きましたので、
わざわざ録画して見てみました。

今は第2回超人オリンピックの決勝から、
7人の悪魔超人らが登場した辺りを放映しているのですが、
TV版はあまり記憶にないだけあって原作との違いに結構驚かされました。

当初の原作は1話が短かったので、
余計な話を入れているのは仕方がないのでしょうが、
まさかVSウォーズマン戦のフィニッシュまでもが違うとは驚いた。

原作ではご存知のように「48の殺人技、キン肉バスター!」だったのに、
TV版ではそれを決めた後もしばらく試合は続き、
結局最後に決めた技はVSジェシー・メイビア戦のフィニッシュ、
そう、風林火山のロメロ・スペシャルでしたからねー。

なのでちょっと拍子抜け喰らった感がありましたが、
もちろんこの風林火山と言う言葉はキン肉マンで覚えましたよ。
古舘流に言うなら、
「キン肉マンVSジェシー・メイビアの試合を見て、
風林火山と言う言葉を覚えた少年時代が甦りました!」って言う感じかな。

また自分はキン肉マン自体はブームの時に見ていただけで、
全巻読んだのは連載が終わったずっと後の事だったんですけども、
それでも未だにキン肉マンは永遠のヒーローですよ。
平均的な人気の高さはドラゴンボールの方が遥かに上ですが、
瞬間最大風速は圧倒的にキン肉マンの方が上でしたからね。
それだけ当時の子供たちに与えた影響は凄まじいものがありました。

話的には第2回超人オリンピック~7人の悪魔超人編が奇跡的なぐらい面白くて、
その後は段々右肩下がりになり、最後の王位争奪編になると
説明文っぽい台詞が増えた事もあり大分面白みに欠ける部分もあったけど、
それでも最終36巻の盛り上がりは凄いものがありましたね。

キャプチュードが何故関節技なのか、
フェニックスの過去のマスクが24巻と違うじゃないか、
などと言う相変わらずの疑問点や矛盾点はありましたけども、
やっぱりキン肉マンが過去の自分を告白するシーンなんかは泣けたし、
フィニッシュも豪快に決まったからね。
スポンサーサイト



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Fan Yi-Wang's Voice, All rights reserved.





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。