admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この前スカパーにおいてドラゲーの試合が放送されていたのですが、
これがなかなか面白く最後まで夢中になってしまいました。

選手とかは一部有名どころしか知らないのですが、
それでも楽しめたと言うのは一目見て誰がベビーか、誰がヒールか一瞬で見分けが付くと言う、
わかりやすさ、ではないでしょうか。

アメリカ、メキシコでは今でも明確にその2つが分けられている事から分かるよう、
善と悪の対立こそがプロレスの本質であるはずなのですが、
日本では維新軍団に端を発した大物日本人対決や軍団抗争が主流となり、
ベビーとヒールの色分けが希薄となってしまったんですよね。

確かに試合内容そのものは充実していったのですが、
やっぱり一見さんにはどっちを応援していいのか分からないですよね。
何も知らない人がいきなり永田と高山のシングルを見せられても、
何故この2人が試合しているのかも分からない訳ですから、
それでは感情移入のしようがないと思いますし、
そういうわかりやすさを排除してしまった事が、
プロレスが閉鎖的なものになってしまった最大の要因だと思うのです。

プロレスである以上、ベビーもヒールも役割を演じている、事には変わりはないのですが、
それでもあそこまで徹底的に悪を尽くされるとベビーの応援に力が入りますよ。
これこそがプロレスの本来の姿なのではないでしょうか。

もちろんそれだけでなく試合内容のレベルも凄く高いし、
選手の身体も見事に引き締まってるためビジュアル的なイメージも抜群、
女性ファンの圧倒的な多さが何よりの証明でしょう。

プロレスが格闘技に押されてもう駄目だ、との声を良く聞きますが、
ドラゲーを見る以上、プロレスはまだまだいくらでも可能性がある、と思うね。
大コケ連発した新日のドーム大会ではなく、ドラゲーが放映されていたならば、
ここまでプロレスのイメージが地に落ちる事もなかったろうに、もったいないね。
スポンサーサイト



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Fan Yi-Wang's Voice, All rights reserved.





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。