admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと前に、女性に黒髪への回帰が見られる、と言う記事が出てましたね。

それはそれで別に良いとは思うんですけども、結局は女優の影響な訳でしょ。
まあ人間は誰かしらの影響を受けて育っていく訳ですから、
別にそれは当然な事ではあるのですが、
個人的にはやはり黒髪が流行っているからすぐに流されるのではなく、
自分に合った髪型を貫き通す、それが一番だと思うんですよね。

自分も昔は茶髪に憧れまして、
スプレーで先端を茶色くする程度はやっていましたが、
最近はほとんど黒髪のままですね。
まあその理由としては上記と矛盾するかもしれませんが、
ブルース・リーと同じ髪、目、そして肌の色をもらっていると言うのが凄く誇りになっているんで、
今はどうしても茶髪にする気は起きないですよ。
ブルース・リーのおかげで凄く東洋人である、と言う事に本当に誇りを持てましたから、
自ら色を変えるなんて真似は恥ずかしくて出来ないんです。

もっともブルース・リーの教えに、
自分に合ったものだけを取り入れ、不要な物を排除しろ、
と言う言葉がありますから、自分に似合いさえすれば茶髪を否定する理由はないんですけどね。
話を戻しましてその女性の髪の色なのですが、
個人的には濃い目の茶色で少し黒い部分が残っているような
茶髪であれば結構好きなんですけども、
完全にまっ茶色な茶髪ははっきり言って嫌ですね。

当然金髪は問題外。
昔紅白でGlobeのKEIKOが金髪で登場した事がありましたが、
もうこれが似合わないこと似合わないこと!
所詮東洋人が真似した所で、欧米人のように似合う訳じゃないし、
また自分は上田馬之助以来「金髪=ヒール」と言うイメージで固定されていますから、
金髪って言うのだけは絶対にNG、本当脳みそイカれてるアホとしか思えない。

BGM:
サザンオールスターズ「ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)

スポンサーサイト



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Fan Yi-Wang's Voice, All rights reserved.





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。